Opt Outside

いつもご利用いただいている方々にはお話ししておりますが

4月から月1のどこかの日曜日を定休日といたします。
第何週目という固定ではなくどこか月1、日曜休みます。

早速、4月でいうと4月4日です↓↓

急なお知らせとなりますが来月からは早めにお知らせいたしますので
よろしくお願いします。

 

今回の営業形態への変更については、このような経緯があります。

アメリカアウトドア用品店のREI提案するOpt Outsideという言葉があります。
最大の書き入れ時、ブラックフライデーに敢えて営業せずに全151店舗を休業。
約1万2000人に有給休暇を与え、
彼らの望むこと、アウトドアで過ごすことを奨励。オンラインでも決済をストップし
『値下げに飛びついて店舗に閉じ込められるのではなく、自然の中で過ごそう。』
と呼びかけました。
この呼びかけから140万人が賛同し150を超える企業が店舗の休業に追随、そして何千もの国立公園が当日敷地を無料で開放してしまう。まさにアウトドア事業による革命。
こういうの大好き。夢ある世界ですね。アウトドアはこうでなきゃ。

これは2015年の話
今ではOpt Outsideの活動はざっくり言うと
無駄なものから解放され自然の中で遊ぼう
そんな意味合いで世界のアウトドア愛好者は使っているはずです。

店主含めアウトドア事業者は元々、外で遊ぶ事の楽しさ良さ、学ぶことの多さを知り
周りにも知って欲しい、気づいて欲しいという思いから”仕事”にしてきたわけです。

ところがですよ、

独立してジムを始めたいと思った時にはすでにクライミングジム経営の先輩たちからは
『未来はないよ』とか『副業ある人か、元々お金持ってる人じゃないと厳しい』
そんな夢のない話をされました。

 

夢、浪漫売るのが仕事じゃろがい!

 

夢がなきゃ次の世代の誰がこの事業をしたいと思うのか。
そこは今の我々が”クライミングジムでも食べていける”
ということを確立すべきだし、事業にした責任だと思っています。

 

まぁ今思えば先輩方の忠告は正解で、さらに某ウイルスによる影響等あり
我々アウトドア事業者だけでなく世界中が夢も浪漫も感じにくい世の中になっています。
みんな懸命に働いているのです。
ここでふと思うのです。アウトドア事業者が経営だ何だと一緒懸命になってたら
それはそれで夢も浪漫も感じないと。

こんな時こそ我々は自分たちの仕事をすべきではないかと。

 

自然の中で遊ぼう。

Opt Outside

ということで毎月1回、日曜日にお休みをもらい
みんなで自然の中に遊びに出かけたいと思います。

岩登りでも山登りでも
自然を楽しむために月1日曜の営業は捨てます。
その時は元々の定休日である月曜と重なり2連休となるので
休みが合う方はキャンプでもして楽しみましょう。

全日曜捨てるのは生活できなくなるので無理です。。。

この1年体調を崩した事、コロナ禍であったことで遊べずに
生き甲斐もなく働いていましたが、自分で言うのもなんだけど
クオリティは下がった気がします。
毎月2連休があり、遊びに行ける楽しみがあれば
4月からのプレスファクトリーはきっと盛り上がるでしょう。

 

そしてOpt Outには”撤退する”と意味があり
ウチとしては商業的なりすぎたクライミング事業から撤退という意味も含みます。

まぁ稼ぎ時の日曜日を捨てるのはまさにです。
あと色々ありますがここには書くとまずい様な最近の商業的ジムの傾向

なにはともあれ金色のメダルを目指すより
夢やロマンを追いかける方が向いているプレスファクトリー。

 

毎月のどこかの日曜日を休み
みんなと遊びに出かけるよっていうお知らせでした。

4月4日は天気が微妙ですが暇な方はお声掛けください。
どこ行く?なにする?

最近の記事

PAGE TOP